2016年04月11日

ジョン・レノンが参加した1969年のカナダトロントでの、R&Rリバイバルコンサートでのチャック・ベリー



急げ!新ドメインは早いもの勝ち!




ザ・ビートルズ解散前のジョン・レノンが、自身のプラスチック・オノ・バンド(ギター、エリック・クラプトン)で参加し、後にレコード化されたので有名な、1969年カナダ、トロントで行われたR&Rリバイバルコンサート、「Live Peace In Toronto」。

このイベントには古のロックンローラーも多々出演しており、こちらはチャック・ベリーのステージ。

客席が時代的にヒッピー、フラワームーブメントだったので、こちらカナダでも長髪の「それっぽい」若者達が目立ちますが、これはアメリカのウッドストックでのシャナナ登場の映像でもわかりますが、世の中は当時は「こっちの方」が普通であり、合い言葉は「ピース」。

アメリカが介入したベトナム戦争が泥沼下してたのが、この合い言葉のルーツなわけですが、思えば今も中東情勢はわけわからない混沌とした状態なわりに、音楽と「ピース」の合い言葉では、何も解決できなくなってます。

まあ、このへん話しが脱線すると長くなるのでやめにして、、、

R&Rリバイバルの機運は1960年代後半には、既にこうして起きており、それが華開いて大爆発するのが、1973年の映画(日本公開は1974年)「アメリカン・グラフィティ」だったわけですが、既に世界ではチャック・ベリーはじめ古のロックンローラー達が見直され、そして注目されていたんですね〜!。





posted by 麻呂 at 06:42| チャックベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

ある世代にはルーシーでお馴染み!ルシール・ボールとジンジャー・ロジャース、ジンジャー・ロジャースとマリリン・モンローの関係



ビーキャスト タレントエントリー、登録・更新料永久無料




フレッド・アステアとの競演、ダンスで有名なジンジャー・ロジャースは1930年代から女優、ダンサーとして活躍されていた女性で、↑こちらケーリー・グラント演じる博士の奥様を演じた1952年の「モンキー・ビジネス」(日本未公開)時は、既に40才を越えておりましたが、相変わらずの!身のこなし、ダンスであります。

そしてこの映画には「売り出し中」だったマリリン・モンローも出演しており↓、この映画の2年後1954年、人気絶頂時に、ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ディマジオとの新婚旅行で来日、日本中大騒ぎになったと伝わっております。



というわけで時代的に映画「モンキー・ビジネス」やモンロー来日は、正に!アメリカ発、世界中で大ブームになったR&R(R&B)ブームが炸裂する直前。

ジンジャー・ロジャースは、それこそ禁酒法のアル・カポネの時代からチャールストンを踊っていた女性であり、当サイトで再三繰り返しておりますが、R&R(R&B)の歴史はダンスミュージックの歴史でもあり、R&R(R&B)以前のソレはジャズ。

アル・カポネの時代、チャールストンの時代から女性ダンサーとして一世を風靡していたジンジャー・ロジャースは、そんな歴史で欠かせない女性で、彼女の名前は2016年現在、50代60代の方にはルーシーでお馴染み!ルシール・ボールは、1935年に人気絶頂だったフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの映画「ロバータ」で、ファッションモデル役で認められ、名を知られるようになったそうで、それはルーシーで世界的に有名になるかなり昔の話し。

で、そのテレビシリーズのルーシーで、ジンジャー・ロジャースはゲスト出演し、ルシール・ボールとダンスを踊ってます↓。







posted by 麻呂 at 22:41| アメリカ TV テーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

1961年の映画「ブルーハワイ」でエルヴィス・プレスリーが歌い、日本で知れ渡った「ハワイアンウェディングソング」(Hawaiian Wedding Song)



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪

EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...





エルヴィス・プレスリーは残念ながら来日してませんので、1950~60年代の「動くエルヴィス」を日本のファンが観れる機会は映画しかなかったわけで、1961年の映画「ブルーハワイ」の中で歌われた「ブルーハワイ」同様、こちら「ハワイアンウェディングソング」(Hawaiian Wedding Song)も、エルヴィスファンならずとも、よく知られてる名曲ですね。

まあ「ブルーハワイ」が、1937年のビンク・クロスビーの主演映画の為に作られた曲のカヴァーヒットなように、「ハワイアンウェディングソング」(Hawaiian Wedding Song)のオリジナルは更に古く!1926年に作られた曲。

で、R&R(R&B)ブーム末期の1959年に、アンディ・ウィリアムズが歌いヒットさせておりますが、日本人にはやはりエルヴィスナンバーが最も知られているでしょう。

で、

自らエルヴィス・プレスリーファンと語る加山雄三氏の若大将シリーズ第四弾、「ハワイの若大将」は1963年公開ですから、おそらく多分、エルヴィスの映画「ブルーハワイ」に感化されてもハワイロケ敢行だったと思われますし、この映画で歌う加山雄三氏は、かなりプレスリーフリークっぽい、ロカビリー、C&Wナンバーをプレスリーっぽい歌い方で唄ってます。







posted by 麻呂 at 19:52| エルビスプレスリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん