2017年02月12日

スキータ・デイヴィスがヒットさせた「この世の果てまで」(The End of the World) の、ジュリー・ロンドンヴァージョン









1963年に、かの!チェット・アトキンスがプロデュースしたそうな、スキータ・デイヴィスがヒットさせた「この世の果てまで」(The End of the World) 。こちらは当時、日本で人気の高かったジュリー・ロンドンのヴァージョン。

当サイト運営者が幼少の頃、TVでよーく日本の歌手、この曲を歌ってましたが、ジュリー・ロンドンは1964年の東京オリンピック開催の年に来日しており、TV出演もしていたので、よってスキータ・デイヴィスより彼女のヴァージョンが当時の日本では人気だったよう。

ジュリー・ロンドンは、日本でも人気番組だったアメリカの「ルート66」のテーマ曲を作ったジャズピアニストのボビー・トゥループの奥様で、そのスモーキーボイスと言われる歌唱は、日本の当時のジャズ、ポップスファンに人気でした。

まあ、当サイトでも再三再四触れておりますが、映画「アメリカン・グラフィティ」同様、アメリカでも日本でもその後の「オールディーズ」というジャンルを1970年代初頭に決定的にした、カーペンターズのアルバム「ナウアンドゼン」のB面に「この世の果てまで」(The End of the World) は収録されていたので、カーペンターズで知った方も多いと思われますし、又、日本の竹内まりやさんも自身のアルバムでカヴァーしてますので、そちらで知った方も多いかもですね。



posted by 麻呂 at 08:52| アメリカンポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

「タミー」のデビー・レイノルズは、娘のキャリー・フィッシャーが死んだ翌日この世を去った







2016年12月27日に映画「スターウォーズ」のレイア姫役で有名な、キャリー・フィッシャーが急死したのはニュースになりましたが、その翌日、彼女のママのデビー・レイノルズが脳梗塞で亡くなったのは、あまりニュースにならなかったですね。

オールディーズ、50'sファンにはお馴染み「タミー」↑は、若き日のデビー・レイノルズが放った大ヒット曲でした(全米チャート5週連続1位)。

 ちなみに日本でも、オールディーズ、50'というジャンルをその後、確実なものにした映画「アメリカン・グラフィティ」の監督、ジョージ・ルーカスは劇中にこちらの大ヒット曲「タミー」を使わなかったですが、結局、当初は映画会社に不評だったらしい「アメリカン・グラフィティ」の大ヒットによって、ルーカスは次の「スター・ウォーズ」を撮れ、そこでデビー・レイノルズの娘であるキャリー・フィッシャーをレイヤ姫に起用し、映画も彼女も大人気になったのですから、このへんK-UNITバンマス、色々思うところがりますねー。

 「スター・ウォーズ」のヒットがなかったら、あの「エイリアン」制作はなかったでしょうし。

時代ですね。70年代はそんな時代でした。 

ちなみにキャリー・フィッシャーが原作、脚本を手がけた自伝的映画「ハリウッドに口ずけ」の監督は、あのアメリカンニューシネマの金字塔「卒業」のマイク・ニコルズで、勿論「卒業」の挿入歌はサイモンとガーファンクルで、そのポール・サイモンとキャリー・フィッシャーは一時結婚してたのは、ファンの人には有名ですね。

というわけで最後に、キャリー・フィッシャーも出演していた名探偵ポアロ映画「死海殺人事件」↓。

 



posted by 麻呂 at 06:07| アメリカンポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

1960年代初頭ビーチパーティー映画に主演していたフランキー・アヴァロンは、1979年の映画「グリース」に出演していた。









日本で50's、オールディーズファンに人気があるとは思えないし、認知度も低いフランキー・アヴァロンなれど、この方1979年、ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン・ジョン主演で日本でもヒットした映画「グリース」に登場してたほど、本国アメリカではサンドラ・ディーと共に、オールディーズと言えば欠かせない存在の方。

まあ、フランキー・アヴァロンが日本であまり人気がない、その手のファンの方々にも認知度が低い原因は簡単で、1960年代初頭当時、彼がアネット・ファニセロと共に主演してた青春ビーチパーティー映画が、上映された形跡がないからですね。



又、アネット・ファニセロも日本では認知度が低いのは、同じ理由でしょうね。彼女の「パイナップルプリンセス」は、日本では田代みどりさんが日本語でカヴァーし大ヒットしましたが、元歌が彼女だと知ってる人は少ないですし、日本の50'、オールディーズファンの間で、彼女の名前はフランキー・アヴァロン同様、まーず聞く事ないです。

というわけで、当サイトでも再三触れてますが、アメリカと日本では同じ50~60年代でも、ちょっと微妙にその想い出って違うんですよね。日本でヒットしてもアメリカでヒットしなかった曲もあれば、その逆もあり、又、このフランキー・アヴァロンとアネット・ファニセロのアメリカでは人気だった映画シリーズが、日本では上映されていたかどうかも怪しいという例もありますからね。




posted by 麻呂 at 10:23| 映画 映画音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん