2015年11月17日

1940年代の音源と思われるアーサー・スミスの「ギター・ブギ」(Guitar Boogie)は、ギターフリークはちょっと注目かもね









当サイトで繰り返し解説しておりますが、R&R(R&B)の歴史は本当に深く、主にジャズ、ブルースからの流れの黒人系の「ブギウギ」と、白人系のカントリー、ヒルビリーがR&Rとフュージョン(融合)してできた「ロカビリー」の2つの潮流、あとはフランス領ルイジアナ時代の移住者を先祖に持つ全ての人種及び異人種間の混血の人をさすクレオールの、ラグタイム(まあ、ジャズですが)、中南米からのマンボ、ルンバ等の流れ含め、R&R(R&B)のリズム、メロディ、ハーモニーには、正に!アメリカ合衆国の歴史が詰まっていると言えます。

と書いておいて何ですが、「ブギウギ」は黒人の専売特許ではなく、白人兄弟のギターデュオ「デルモア・ブラザーズ」と、こちらアーサー・スミスは、白人なれど「ブギウギ」を演奏していました。

アーサー・スミスは1940年代に活躍されていたようですが、こちら「ギター・ブギ」(Guitar Boogie)は、時代を考えるとかなり!秀逸な音源だと思われますし、まあ、ブルースギター、ジャズギターの流れとは異なるギター奏法の歴史的な1曲と思われます。



posted by 麻呂 at 00:00| アメリカンフォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

バイオリンを抜かすと、楽器編成が既に後のR&R、ロカビリーバンドの原型ともいえる、ボブ・ウィルズ&テキサス・プレイボーイズ









当サイト、基本的に1955年から1958年頃、アメリカを中心に吹き荒れたR&R(R&B)ブームと、その後の1960年代前半のポップスやエレキ、サーフロック等を紹介してるわけですが、本当にR&R(R&B)の源流は深いので、話しがそれ以前のブルースやジャズ、カントリー等に行きがちで、又、それを解析しないと、何故に?あの時!R&R(R&B)ブームが巻き起こったのか?、わからない。

というわけで、今日ご紹介するボブ・ウィルズ&テキサス・プレイボーイズは、ウェスタン・スウィングの先駆者なわけですが、結成は1934年。

正に!悪名高き「禁酒法」の時代が終わり、アル・カポネが収監された頃の、相当!古いアメリカの時代で、日本がアメリカと戦闘状態に入る7年も前の話し。

↑YouTubeの画像&音源は1951年のそれみたいですが、まあ、R&R(R&B)ブームが起きる数年前。バンド編成はバイオリンを抜かすと、既にロカビリー、R&R編成のそれと言えるわけですが、まあ、ファッションはテンガロンハットのウエスタン。

日本でもアメリカのR&R(R&B)ブームに触発され、ロカビリーブームが巻き起こった1950年代後半。日本はR&R、R&Bバンドというより、ジャズバンドとウエスタンバンドが主流だったので、よって!R&Rカーニバルでもロカビリーカーニバルでもなく、ショーの企画名は「ウエスタンカーニバル」だったわけです。

日本ではキング・オブ・ヨーデル、ウエスタン歌手でもありロカビリーブームの頃は大人気だったそうなウイリー・沖山氏が有名ですが、こちらボブ・ウィルズ&テキサス・プレイボーイズの映像&音源では、女性シンガーがヨーデルをやっており、このヨーデル、ヨーデラーを語ると又、話しが複雑になってきて(汗)、イタリア、スイス、オーストリア国境にそびえたつアルプス山脈のアルプス地方が元々は発祥の歌唱法だそうで、、、

まあ、アメリカは移民の国、、、

例えば一口に「黒人」と言ってもアフリカンアメリカンもいれば、中南米出身の黒人もいる。みんながみんなミシシッピーの奴隷の末裔ではないのと同じで、白人は欧州圏からの移民達ですから、結局その移民してきた白人達のルーツを辿ってくと欧州のながーい歴史にぶちあたるわけであります。

ちなみに、後のドリフターズのいかりや長介氏や寺内タケシ氏が若き頃在籍していた、ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズって、こちらのテキサス・プレイボーイズから影響うけてつけたバンド名だったのでしょうかしらね?このへん、当サイト運営者、勉強不足にて未確認にて恐縮、、、。





posted by 麻呂 at 00:00| アメリカンフォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

ロカビリーは、R&Rと軽蔑的な言葉「Hillbilly」=ヒルビリーからきている。デルモア・ブラザーズ「ヒルビリー・ブギ」(Hillbilly Boogie)



ネットショップの開業ならカラーミーショップ




かの!エルヴィス・プレスリーも、最初「The Hillbilly Cat」(田舎者の猫)という名前で歌手活動をしていたそうですが(全くの無名時代)、この元々は田舎者を軽蔑的に呼ぶ言葉「Hillbilly」=ヒルビリーは、アメリカ南東部の民謡を指していたそうで、主に白人層が好んでいたそのヒルビリーと、黒人音楽のブルースからの流れのR&Rを合わせた音楽をロカビリー(rockabilly)、1950年代当時はロッカビリー(Rock-A-Billy)と呼んでいたとか。

↑デルモア・ブラザーズは1930年代から40年代に活躍した白人二人組だったそうですが、1930年代といえば初頭に悪名高い禁酒法が終った時代、アル・カポネが逮捕された時代、、、そして日本がアメリカと戦闘状態に入ったのが1941年ですから、随分と古い時代です、、、。

でも、誰が聴いてもこちらR&R、ロカビリー、ブギウギのルーツを実感すると思います。ジャズ同様、R&Rもそのルーツを辿っていくと、どんどん「アメリカの歴史の深い森」に迷いこんでしまうわけですね〜(汗)、、、。

まあ、何世紀もの歴史のあるクラシック音楽とは、アメリカは建国の歴史が浅いので異なりますが、なかなかR&Rもジャズ同様、深いものがあると、当サイト運営者も痛感する今日この頃であります。





posted by 麻呂 at 00:00| アメリカンフォーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん