2017年03月02日

かまやつひろし氏他界 1970年、ザ・スパイダースが最後に発表したアルバム名は「ロックンロール・ルネッサンス」。









元ザ・スパイダースのかまやつひろし氏がお亡くなりになりました。享年78才、心よりご冥福をお祈りいたします。

グループサウンズブームが急速に終焉し、ザ・スパイダースも解散する事になった1970年。ザ・スパイダースが最後に発表したアルバム名は「ロックンロール・ルネッサンス」。

今やオールディーズ、R&R、50'ファンには定番となってる「 ロック・アラウンド・ザ・クロック」や、チャック・ベリーの「キャロル~ロール・オーヴァー・ベートーベン」、リトル・リチャード、エルヴィス・プレスリー等のカヴァーを中心にしたアルバムで、キャロルがファーストアルバムのB面でR&Rのカヴァーを集め発表したのが1973年の春でしたから、それより3年前に、こんなアルバムを最後に解散したザ・スパイダース、今更ながら、オールディーズ、R&R、50'ファンは再評価した方が良いでしょうね〜。

リアルタイム、グループサウンズブームの終焉の仕方は異常とも思えるソレだったので、このザ・スパイダースのラストアルバム、知ってる方殆どいないですから(汗)。

ちなみにグループサウンズブーム期のザ・スパイダースのシングル「黒ゆりの詩」のB面にも、「ロックンロール・ボーイ」という素晴らしい和製オリジナルロックンロールナンバーが収録されており、「バンバン」や「フリフリ」は、わりと有名ですが、こちら「ロックンロール・ボーイ」は御本人達も解散後、歌番組で歌う事がないので、認知度の低い曲ですが、和製オリジナルロックンロールの名曲です。




posted by 麻呂 at 09:12| 和製R&Rリバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

1976年のケントス創業とクールスレコードデビューで大貢献した、長髪の近田春夫氏









今も50's、古のディスコファンには人気のライブハウス、「ケントス」が六本木にできたのは1976年。

で、

元々は六本木のレストランで開かれた、オールディーズの音楽パーティーが発祥元だそうで、その時のパーティーバンドのメンバーが、 60年代には「若者たち」のヒット曲を放ったブロードサイドフォーの黒沢久雄氏、元ヴィレッジシンガーズの林ゆたか氏、そしてこの後ハルヲフォンを結成する近田春夫氏等だったそうで、この音楽パーティーで、ツイストを踊り熱狂するお客さん達をみて、オーナーは「ケントス」を作る事を決めたとか決めないとか、、、

そんな伝説が残っておりますが、、、

まあ、日本公開は当時は監督のジョージ・ルーカスも出てた役者も皆無名だった為、人気が爆発したアメリカより1年以上も遅れた1974年の秋に公開された映画、「アメリカン・グラフィティ」の影響でしょう。このパーティバンドの発想も、ツイストを踊ったお客さん達も、、、。

でも、彼等は当時、長髪にラッパ、ベルボトムのジーパンの若者達で、けっして昨今のR&Rバンド、オールディーズバンドのような衣装でも髪型でもなかったでしょうし、おそらくツイストを踊ってた方々もしかりでしょう。

時代が一変したのは、やはりケントス創業年にレコードデビューした、クールスですかねー。

勿論、それ以前からキャロルやダウンタウン・ブギウギバンドはリーゼント風の髪型してましたけど、基本的に彼等は長髪をポマードでバックに撫で付けたソレで、今や常識のダックテイル系のリーゼントと違い、襟足のリーゼントの美学(笑)はなかったですね。

だから!クールスが櫛目ばっちりのダックテイルのリーゼント姿でキャロルの解散ライブの警護役でTV初登場した時は、その黒塗りで揃えたバイクや洒落た黒の革ジャンともども、とても斬新だったわけであります。




で、

このクールスの1976年のデビューアルバムのアレンジャー、編曲は全て長髪の近田春夫氏で、クールスの代表曲でもある「シンデレラ」や「言えなかったんだ」の作詞作曲も近田春夫氏で、近田氏の作曲は計3曲。

更に解散したキャロルのジョニー大倉氏作曲が4曲、矢沢永吉氏が五大洋光と名前をかえ作曲した曲が、彼等のシングルデビュー曲でもある「紫のハイウェイ」他3曲。つのだ☆ひろ氏のスペースバンドのベーシスト、ヨモ・ヨシロー氏の作曲が1曲と、全12曲中11曲迄が、当時の所謂ニューロックの方々の手により作品で、唯一メンバーの作曲は、ジェームス藤木氏の「恋の炎は燃えて」1曲のみ。

唯、作詞は舘ひろし氏が8曲、村山一海氏とジェームス藤木氏が1曲ずつで、近田春夫氏の2曲の作詞以外は、メンバーが全12曲中10曲書いているのは、ちょっと面白いですね。



posted by 麻呂 at 14:54| 和製R&Rリバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

一聴ではシンプルなR&Rナンバーに聴こえながらも、実はコード進行が凝ってる、1972年末発表のキャロルの「ルイジアンナ」



【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!




当サイト運営者の私的好みとしては、やはりキャロルヴァージョンが無敵なわけですが(笑)、矢沢永吉氏の記念すべき公式レコードデビュー第一弾、1972年末発売の「ルイジアンナ」。

まあ、「ルイジアンナ」はリアルタイム、シングルチャートの上位を突っ走ったわけでもありませんし、当時もその暫く後も「キャロルなんか簡単さ、3コードのR&Rだろ」的な「わかってない事がわかってない」事を言う人もいたりしたのですが、「ルイジアンナ」はじめ、矢沢永吉氏がキャロル時代に発表した「矢沢オリジナル」のR&Rナンバーに、3コードの曲なんて1曲もないです。

40歳以上の新人を対象とした「エイジレス部」


こちら「ルイジアンナ」、リズムが非常にストレートなR&Rですが、コード進行はけっこう凝っており、このへんがデビュー当時から矢沢永吉氏の作曲能力が非凡だった所で、普通にブルースやR&Rの典型的パターンの7thの3コードで歌い出されるのですが、♪甘い唇 ふるわせて のこの「ふるわせて」の所でマイナーコードが入ってくるわけで、、、

更に ♪オールイジアンナ オー恋し のサビの部分は、7thの3コード以外のメジャーコードが入ってきてるので、キャロルの曲を個人的にもバンドでもカヴァーした事がある人なら、このへん「わかってもらえる」と思います。

バラードも勿論ですが、矢沢永吉氏はその強い存在感とシンガー、パフォーマーとして高い評価を得ておりますが、ソングライターとしても、当時「ルイジアンナ」のようなコード進行の、一聴すると極めてシンプルなR&Rナンバーに聴こえながらも、実はコード進行が凝ってる曲というのは、他になかったと当サイト運営者は思っており、これ「ファンキー・モンキー・ベイビー」等もしかりで、矢沢永吉氏のソングライターとしての「才能」「能力」というのは、若きキャロルの頃から、かなり高い所にあったと、当サイト運営者は思っております。

最後に、では3コードのR&Rナンバーなら本当に簡単なのか?と言うと、、、必ずしもそうではないのは、同じお馴染みのその手のR&Rナンバー、バンドによって人によって、グルーヴ、ビート含む演奏力、歌唱力、そしてパフォーマンスの「かっこ良さ」が全く違うのは、ちょっとした音楽ファンなら一度や二度は経験あると思います。

当サイト運営者の独断ですが「ザ・ビートルズナンバーとR&Rは、他のジャンルの演奏も達者な、かなり演奏力と歌唱力がある連中が、ちょっと余裕をもって楽しんで演奏してるのが、最高にカッコいい」と思っております。





posted by 麻呂 at 00:00| 和製R&Rリバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん