2017年07月01日

江利チエミさんのカヴァー「家においでよ」の大ヒットで有名な元歌は、ジョージ・クルーニーの叔母様、ローズマリー・クルーニーの「Come On-a My House」









当時15才だった江利チエミさんが、彼女の生涯の代表曲だった「テネシー・ワルツ」とカップリングで1952年に発表した邦題「家においでよ」の大ヒットで、日本でも広くしられた「Come On-a My House」。

この曲は第二次世界大戦以前に作られた曲なようですが、1951年に全米チャート1位に輝く最初の大ヒットをさせたのが、日本でもこちらも人気のジョージ・クルーニーの叔母様、ローズマリー・クルーニーのヴァージョン↑。

さて1951年と言えば、日本は大東亜戦争敗戦後アメリカの占領下から、かりそめにも再独立が認められる条約、「サンフランシスコ講話条約」が締結された年。

「テネシー・ワルツ」だけではなく、1960年代の和製ポップス(洋楽を日本語で唄うそれ)ブームの頃は、オリジナルよりも日本語で唄われた楽曲、歌手の方が有名で、あんまり当時の日本人は、元のオリジナルの洋楽には興味がなかったみたいですね。

だから、、、

江利チエミさんの「家においでよ」は日本では有名でしたし、2017年現在、60代半ばから70代の方は、だいたいこの曲は聴き覚えはあると思われますが、当時全米1位を獲得した、ローズマリー・クルーニーの「Come On-a My House」を知ってるお年寄りは、かなり少ないと思われます。

また、もっと若い世代でも人気俳優のジョージ・クルーニーは知ってても、その叔母様のローズマリー・クルーニーは、全く知らなかったりするわけですが、江利チエミさんに限らず、当時の日本の歌謡歌手の方=ジャズ歌手の方は、かーなりこちら「Come On-a My House」、ながーい間レパートリーにしておりましたので、ローズマリー・クルーニーが戦後日本の歌謡史に、結果として影響を与えたと言えるわけであります。




posted by 麻呂 at 17:05| 和製ポップスヒット 原曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

1960年代初頭の「和製ポップス」ブーム期、日本では伊東ゆかりさんのカヴァー邦題「恋の売り込み」でヒットした、エディ・ホッジスの「 I'm Gonna Knock On Your Door」









まあ、エディ・ホッジスと言っても、2016年現在、リアルタイム思春期だった還暦前後から70才ぐらいの方でも、まーず知ってる人はいないと思いますが、伊東ゆかりさんの「恋の売り込み」と言って、曲を聴かせたら、おぼろげにわかる方は多々いるかものナンバー!。

↑こちらはそのエディ・ホッジスヴァージョンですが、1970年代初頭、日本でも女性人気が高かったオズモンズブラザーズのジミー・オズモンズもカヴァーしていたので、彼等のファンで、2016年現在、60才前後の女性なら知ってる曲かもですね。

1961年にエディ・ホッジスが歌いヒットし、当時の日本は和製ポップス(洋楽メロディに日本語詞をのせるそれ)全盛期でしたので、伊東ゆかりさんのカヴァーでヒットしたこの曲、元々は古のソウル、ファンク、R&Bファンにはお馴染み!、アイズレー・ブラザーズが1959年に発表した曲で、こちらが↓そのヴァージョン。



まあ、アイズレー・ブラザーズが日本で認知度が広まるのは、ザ・ビートルズでお馴染み「ツイスト&シャウト」をやっていたグループとしての1964年以降なので(ザ・ビートルズの日本でのレコードデビューは1964年なので)、リアルタイム伊東ゆかりさんがカヴァーした時、アイズレー・ブラザーズを知ってる人は、おそらく日本では殆どいなかったと思われます。

よって、この曲はやはり日本人にとっては伊東ゆかりさんのヒット曲なんですね、、、。







posted by 麻呂 at 18:14| 和製ポップスヒット 原曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

「二人の銀座」「上を向いて歩こう」の作詞でもお馴染み永六輔氏、和製ポップスブームの主役だったザ・ピーナッツの伊藤ユミさん他界。心よりご冥福をお祈りいたします。









後にも先にも今の今迄、日本人唯一の!全米ビルボードチャート1位獲得曲(1963年)、坂本九氏の「上を向いて歩こう」=「スキヤキ」の作詞家でもある永六輔氏が、2016年7月7日、永眠されました。

↑こちらはリアルタイム当時、日本で抜群の人気を誇っていたザ・ヴェンチャーズソング「二人の銀座」。こちらも作詞は永六輔氏。作曲はそのザ・ヴェンチャーズ。



更に!永遠のスタンダード!「スターダスト」は、当サイト運営者は半ズボンに野球帽の頃の1960年代、TV「シャボン玉ホリデー」のエンディングで知った曲。

だからボクにとって「スターダスト」は、未だに=ザ・ピーナッツ。

昭和は遠くなりにけり。伊藤ユミさんのご冥福をお祈りいたします。





posted by 麻呂 at 19:52| 和製ポップスヒット 原曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん