2016年10月08日

日本人とリトル・リチャードは、案外密接な歴史があるかもね〜!









2016年10月現在83才。2013年に引退表明したリトル・リチャード。

その強烈なシャウトはザ・ビートルズ時代のポール・マッカートニーはじめ、多くのハードロックやヘビーメタルバンドのシンガーに影響を与え、そして元々はゲイゆえか?未だグラムロックなんて言葉もない時代からメイクしてステージに登場、同じピアニストのロックンローラー、ジェリー・ルイスと共に、後のエルトン・ジョンやミッシェル・ポルナレフ等にも多大な影響を与えた演奏パフォーマンス等々、、、

又、1950年代後半、空前の大人気になった初期エルビス・プレスリーが、リトル・リチャードのカヴァーをかなりやっていた事を鑑みても、リトル・リチャードが世界のR&R(R&B)シーンに与えた影響は、計り知れないものがあります。

おそらく日本で彼の曲を誰もが知るきっかけになったのは、1960年前後の和製ポップス(洋楽メロディに日本語詞をのせるソレ)ブーム期に、鈴木ヤスシ氏がカヴァーした「ジェニ・ジェニ」でしょう。

例えば「ダイアナ」や「恋の片道切符」や「ルイジアナママ」等、日本語カヴァーも御本家も日本では大ヒットしておりますが、基本的に日本で大ヒットしたナンバーはポップスが殆どであり、例えばチャック・ベリーはロカビリー、和製ポップスブームのリアルタイム当時、日本では全く流行っておらず、かの!エルビス・プレスリーの「監獄ロック」の日本語カヴァーと、鈴木ヤスシ氏の「ジェニ・ジェニ」こそが!日本初の大ヒットR&Rナンバーだったと思っております。

で、リトル・リチャードの名前が日本でもちょっとした音楽ファンの間に定着するのは、やはり日本デビュー1964年のザ・ビートルズがカヴァーした「のっぽのサリー」、ロングトールサリーからで、若きポール・マッカートニー歌唱のザ・ビートルズの「のっぽのサリー」は、今や当たり前のナンバーですが、この曲のポールのシャウトとザ・ビートルズのある種パンキーな演奏は、当時の若者は度肝を抜かれるわけで、ザ・ビートルズで「のっぽのサリー」を知り、そのあとオリジナルのリトル・リチャードヴァージョンを聴いたわけで(これチャック・ベリーやバディ・ホリー等もしかり)、当サイト運営者に限らず、このパターンの方、日本中に沢山いると思われます。

1966年のザ・ビートルズの来日公演時、前座の1バンドだったザ・ドリフターズは、この「のっぽのサリー」を仲本工事氏歌唱で披露してますし、今や役者としてその人ありの岸部一徳氏のザ・タイガース時代の愛称はサリー。背が高いという事で、「のっぽのサリー」からこの愛称はついてます。



更にこの後起こった空前のグループサウンズブーム期、ザ・ゴールデンカップスがリトル・リチャードのこれも強烈なR&Rナンバー「ルシール」を、何故か?スローにしてアルバム「ブルース・メッセージ」に収録しており、更にこの後のニューロック時代に登場した天才!ジミ・ヘンドリックスが、無名時代にリトル・リチャードのバックをやっていたなんて話しが広まったり、当時のハードロック少年達の星!ディープ・パープルの初来日公演では、アンコールで「ルシール」をやっており、、、

1970年代初頭に世界中でおきた、おりからのR&Rリヴァイバル、オールディーズブームに乗って、他の多くのロックンローラーがそうであったように、リトル・リチャードも今のような確固たる!R&R(R&B)のレジェンドとして位置ずけられるようになったわけであります。

昨今ではジェームス・ブラウンが無名時代、当時既に大スターだったリトル・リチャードのショーとショーの間の休憩時間に、ステージにあがって歌唱とパフォーマンスを披露した事がきっかけで、売り出すようになったと、彼の伝記映画で、ジェームス・ブラウンとリトル・リチャードの関係も描かれており↓、、、



ジェームス・ブラウンを通じて、リトル・リチャードを再評価した方も、多々いたのではないか?と思う次第であります。





posted by 麻呂 at 18:17| リトルリチャード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

70年代にジョン・レノン、80年代にストレイ・キャッツがカヴァーし、日本では有名になった古のR&Rナンバー!「リップ・イット・アップ」(Rip It Up )









ブライアン・セッツアーというかストレイ・キャッツ登場が1980年代初頭になかったら、2015年現在50才前後の日本のオールディーズ、50's、R&R、ロカビリーマニア達が生まれていたか?否か?本当に!疑問に思うほど、ブライアン・セッツアー、ストレイ・キャッツ登場の影響はロック史に残るそれだったと、当サイト運営者は思っております。





セッツアーやストレイ・キャッツは知らなくても、ザ・ビートルズファンならザ・ビートルズ解散から5年後の1975年、ジョン・レノンが古のR&Rナンバーを集めたアルバム「ロックン・ロール」(Rock 'n' Roll)でこちら「リップ・イット・アップ」(Rip It Up)を「レディ・テディ」(Ready Teddy)とメドレーで繋げておりました♪。

でも、、、何故か?リアルタイムの日本では、リトル・リチャードの代表曲と言えば、鈴木ヤスシ氏が日本語でカヴァーした「ジェニジェニ」であり、有名な「のっぽのサリー」もザ・ビートルズがカヴァーして日本では有名になった曲で、リトル・リチャードが日本でもの凄く人気があったという形跡はないですね。

↓こちらは「リップ・イット・アップ」(Rip It Up)、オリジナルのリトル・リチャードヴァージョン。素晴らしい!!







posted by 麻呂 at 00:00| リトルリチャード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

リトル・リチャードの「ロング・トール・サリー」(Long Tall Sally)=「のっぽのサリー」は、日本ではザ・ビートルズのカバーで有名になった!









誤解を恐れず書けば、日本でR&Rという言葉が一般的にはるのは、ザ・ビートルズが日本レコードデビューした1964年以降で、それ以前、有名な「ロカビリーブーム」「日劇ウエスタンカーニバル」でわかる通り、日本ではR&Rという言葉は一般的ではなく(R&Bも)、あくまでもそれはロカビリーでありポップスだったわけであります。

当サイトでも再三再四繰り返しておりますが、アメリカ本国でも、イギリスのザ・ビートルズがアメリカで大旋風を巻き起こした1964年、ザ・ビートルズのカヴァーの影響で、自国の少し前のR&R、或いはR&Bを見直すようになったわけで、1950年代後半の日本のロカビリーブーム、1960年前後の和製ポップス(洋楽メロディを日本語詞にのせるソレ)ブーム、こちら「ロング・トール・サリー」(Long Tall Sally)=「のっぽのサリー」のオリジナル、リトル・リチャードの曲は、鈴木ヤスシ氏カヴァーの「ジェニジェニ」は日本語でヒットしましたが、「のっぽのサリー」が日本語で歌われヒットした形跡はありません、、、。

これも当サイトで繰り返しておりますが、リアル日本の「ロカビリーブーム」時代、チャック・ベリーは日本では流行っておらず、チャック・ベリーやその楽曲、そしてリトル・リチャードの楽曲は(ジェニジェニ以外)、ザ・ビートルズのカバーで日本では有名になったと、当サイト運営者は断言いたします。





例えば2015年現在、1950年代後半の日本のロカビリーブーム、1960年前後の和製ポップスブーム時期に若者だった筈の70才前後の方がお身内にいる方おりましたら、聞いてみるとよいです。ロカビリーブーム、和製ポップスブームは知っていても、チャック・ベリーやリトル・リチャードは知らないと思いますから。

更に!1960年代に若者だった人も、「のっぽのサリー」はザ・ビートルズの曲、ポール・マッカートニーの歌唱で馴染んでおり、その当時からリトル・リチャードでザ・ビートルズ以前から自分は知ってた、そっちの方が自分は好きだったと言ってる人は、九分九厘「眉唾」、そんな人の話しに耳は貸すのは、「時間の無駄」と当サイト運営者は思っております(笑)。

少なくとも日本だは、「のっぽのサリー」はザ・ビートルズナンバーであり、ポール・マッカートニー歌唱が、1960年代は普通に一般的だったのであります。





posted by 麻呂 at 00:00| リトルリチャード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん