2017年02月12日

スキータ・デイヴィスがヒットさせた「この世の果てまで」(The End of the World) の、ジュリー・ロンドンヴァージョン









1963年に、かの!チェット・アトキンスがプロデュースしたそうな、スキータ・デイヴィスがヒットさせた「この世の果てまで」(The End of the World) 。こちらは当時、日本で人気の高かったジュリー・ロンドンのヴァージョン。

当サイト運営者が幼少の頃、TVでよーく日本の歌手、この曲を歌ってましたが、ジュリー・ロンドンは1964年の東京オリンピック開催の年に来日しており、TV出演もしていたので、よってスキータ・デイヴィスより彼女のヴァージョンが当時の日本では人気だったよう。

ジュリー・ロンドンは、日本でも人気番組だったアメリカの「ルート66」のテーマ曲を作ったジャズピアニストのボビー・トゥループの奥様で、そのスモーキーボイスと言われる歌唱は、日本の当時のジャズ、ポップスファンに人気でした。

まあ、当サイトでも再三再四触れておりますが、映画「アメリカン・グラフィティ」同様、アメリカでも日本でもその後の「オールディーズ」というジャンルを1970年代初頭に決定的にした、カーペンターズのアルバム「ナウアンドゼン」のB面に「この世の果てまで」(The End of the World) は収録されていたので、カーペンターズで知った方も多いと思われますし、又、日本の竹内まりやさんも自身のアルバムでカヴァーしてますので、そちらで知った方も多いかもですね。



posted by 麻呂 at 08:52| アメリカンポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん