2017年02月06日

「タミー」のデビー・レイノルズは、娘のキャリー・フィッシャーが死んだ翌日この世を去った







2016年12月27日に映画「スターウォーズ」のレイア姫役で有名な、キャリー・フィッシャーが急死したのはニュースになりましたが、その翌日、彼女のママのデビー・レイノルズが脳梗塞で亡くなったのは、あまりニュースにならなかったですね。

オールディーズ、50'sファンにはお馴染み「タミー」↑は、若き日のデビー・レイノルズが放った大ヒット曲でした(全米チャート5週連続1位)。

 ちなみに日本でも、オールディーズ、50'というジャンルをその後、確実なものにした映画「アメリカン・グラフィティ」の監督、ジョージ・ルーカスは劇中にこちらの大ヒット曲「タミー」を使わなかったですが、結局、当初は映画会社に不評だったらしい「アメリカン・グラフィティ」の大ヒットによって、ルーカスは次の「スター・ウォーズ」を撮れ、そこでデビー・レイノルズの娘であるキャリー・フィッシャーをレイヤ姫に起用し、映画も彼女も大人気になったのですから、このへんK-UNITバンマス、色々思うところがりますねー。

 「スター・ウォーズ」のヒットがなかったら、あの「エイリアン」制作はなかったでしょうし。

時代ですね。70年代はそんな時代でした。 

ちなみにキャリー・フィッシャーが原作、脚本を手がけた自伝的映画「ハリウッドに口ずけ」の監督は、あのアメリカンニューシネマの金字塔「卒業」のマイク・ニコルズで、勿論「卒業」の挿入歌はサイモンとガーファンクルで、そのポール・サイモンとキャリー・フィッシャーは一時結婚してたのは、ファンの人には有名ですね。

というわけで最後に、キャリー・フィッシャーも出演していた名探偵ポアロ映画「死海殺人事件」↓。

 



posted by 麻呂 at 06:07| アメリカンポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん