2016年09月28日

1960年代初頭の「和製ポップス」ブーム期、日本では伊東ゆかりさんのカヴァー邦題「恋の売り込み」でヒットした、エディ・ホッジスの「 I'm Gonna Knock On Your Door」









まあ、エディ・ホッジスと言っても、2016年現在、リアルタイム思春期だった還暦前後から70才ぐらいの方でも、まーず知ってる人はいないと思いますが、伊東ゆかりさんの「恋の売り込み」と言って、曲を聴かせたら、おぼろげにわかる方は多々いるかものナンバー!。

↑こちらはそのエディ・ホッジスヴァージョンですが、1970年代初頭、日本でも女性人気が高かったオズモンズブラザーズのジミー・オズモンズもカヴァーしていたので、彼等のファンで、2016年現在、60才前後の女性なら知ってる曲かもですね。

1961年にエディ・ホッジスが歌いヒットし、当時の日本は和製ポップス(洋楽メロディに日本語詞をのせるそれ)全盛期でしたので、伊東ゆかりさんのカヴァーでヒットしたこの曲、元々は古のソウル、ファンク、R&Bファンにはお馴染み!、アイズレー・ブラザーズが1959年に発表した曲で、こちらが↓そのヴァージョン。



まあ、アイズレー・ブラザーズが日本で認知度が広まるのは、ザ・ビートルズでお馴染み「ツイスト&シャウト」をやっていたグループとしての1964年以降なので(ザ・ビートルズの日本でのレコードデビューは1964年なので)、リアルタイム伊東ゆかりさんがカヴァーした時、アイズレー・ブラザーズを知ってる人は、おそらく日本では殆どいなかったと思われます。

よって、この曲はやはり日本人にとっては伊東ゆかりさんのヒット曲なんですね、、、。







posted by 麻呂 at 18:14| 和製ポップスヒット 原曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん