2016年08月04日

日本のブルースの女王は淡谷のり子さんだけど、本国アメリカのブルースの女王、女帝は1920~30年代に活躍したベッシー・スミス









日本でも有名な、ビリー・ホリディやジャニス・ジョップリンにも尊敬されていたベッシー・スミスは、アメリカではブルースの女帝として有名な方ですが、いまいち日本では知名度が低いですね。

理由は当サイト運営者にはわからないのですが、やはり大東亜戦争以前の1937年に43才の若さで事故死してしまったのが、大きいかもしれないですね〜。もし大東亜戦争後もご存命だったら、もっと知られてたかもですね〜。

で、、、

ベッシー・スミスの名前は知らなくとも、「セントルイス・ブルース」(St.Louis Blues)の曲名やメロハモは、知ってる、聞き覚えがある人はとても多いと思います。

この曲はウィリアム・クリストファー・ハンディが1914年、今から50年以上前の古い曲で、主に日本ではタイトルはブルースなれどジャズのスタンダードとしてとたえられており、まあ、理由は1930年代にこの曲をベッシー・スミスと共にレコーディングした、ジャズマンとして日本でも有名なルイ・アームストロングの影響でしょうね。







posted by 麻呂 at 10:39| ブルース R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん