2016年06月12日

クリント・イーストウッド初来日は1962年。日本でも人気爆発だったテレビ「ローハイド」の主演三人組での来訪だった



★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!

独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入





1961年に、当時日本で最も人気の高かった外国人俳優と当サイト運営者は断定してます。人気テレビシリーズ「ララミー牧場」のジェス=ロバート・フラーが来日。

その翌年、「ララミー牧場」と並ぶ人気ドラマだった「ローハイド」のフェイバーさん=エリック・フレミング、ウイッシュボーン老=ポール・ブラインガーと共に、ロディ=クリント・イーストウッドは来日。

こちらも大歓迎、大盛況だったようで、既に来日してたロバート・フラーから、日本での凄い人気ぶりは聞いていたようですが、エリック・フレミングはそれでも、これほどとは思わなかったと当時の記者会見で述べてる通り、あの当時のカウボーイドラマ、「ララミー牧場」と「ローハイド」の日本での人気は凄まじかったです。

いや、日本だけでなくイタリアでも人気があったのでしょう。この後、クリント・イーストウッドはイタリア映画に招かれ「荒野の用心棒」で大ブレイクしましたからね〜。

唯、未だ20代だった当時日本で最も人気のあった外国俳優のロバート・フラーは、「ララミー牧場」以降、映画「続・荒野の七人」で、1作目でスティーヴ・マックイーンが演じたビン役をやって、ちょっと注目された程度で、いつしか日本では名前が忘れ去られてしまった感があり、既に当時三十路を越えていたクリント・イーストウッドが、「荒野の用心棒」を皮切りに大スターになり今に至ってるわけですから、誠に人生とはわからないものであります。



「ローハイド」では、ハリウッドの西部劇伝統だった、髭もちゃんとそってこざっぱりした二枚目カウボーイを演じてたクリント・イーストウッドでしたが、イタリア製西部劇の映画「荒野の用心棒」では、無精髭でニヒルな無頼漢の賞金稼ぎを演じ、これがその後、本国アメリカでも西部劇の主人公達のスタンダードスタイルになっているのは、ちょっと日本人は注目したい所。

クリント・イーストウッドは、日本の黒澤明監督の作品で「侍」「素浪人」役を演じ、世界的に人気だった三船敏郎氏を参考にして役作りをしたそうで、これはフランスのアラン・ドロンも同様で、当時の「クロサワ」「ミフネ」の影響を口にしておりますから、日本人としては誠に!誇らしい歴史的事実であります。

ちなみに「ローハイド」の頃からクリント・イーストウッドの吹き替え声優は山田康夫氏で、ポール・ブラインガーは後の「サザエさん」の波平でお馴染み、永井一郎氏。





posted by 麻呂 at 04:28| アメリカ TV テーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん