2016年05月29日

エリック・クラプトンの1974年のアルバム「461オーシャン・ブールバード」でのカヴァーで日本では有名になった、1958年のジョニー・オーティスの「ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ」









エリック・クラプトンが1974年のソロアルバム「461オーシャン・ブールバード」のA面3曲目にカヴァーした、ジョニー・オーティスの「ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ」(Willie and the Hand Jive)。

まあ、クラプトンがブルース・ブレイカーズ時代からカヴァーしたブルース系のナンバーは、ザ・ビートルズのR&R、R&Bのカヴァー、ザ・ローリング・ストーンズのR&R、R&B、ブルースのカヴァーと共に、彼等イギリスのロックミュージッシャン達がカヴァーした事で世界的に有名になった曲、ミュージッシャンが殆どで、こちらの 「ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ」(Willie and the Hand Jive)もジョニー・オーティスも、このアルバムの大ヒットによって、少なくとも日本では知られた人でしょう。

「ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ」(Willie and the Hand Jive)は1958年の曲だそうですが、当時の日本のロカビリーブーム、和製ポップス(洋楽メロディを日本語詞にのせるソレ)で、この曲がヒットした、ジョニー・キャッシュが人気があったという記録は、見当たりませんので。





曲は典型的なボー・ディドリービート、所謂ジャングルビートで、ボー・ディドリーもカヴァーしてますが、オリジナルはジョニー・オーティス。

ジョニー・オーティスはみての通り白人で、ギリシャ移民のようですが、黒人音楽に親しむ環境にいた白人だったそうで、このへんはエルビス・プレスリーしかりですが、当時の白人のR&R、R&B、ブルース、ジャズ系のミュージッシャンはこの手の経歴の方が、とても多いですね。

わりと親爺R&B、ソウル、ファンクファンに多いですが、肌が黒くないとR&B、ソウル、ファンクにあらずみたいな考えは、当サイト運営者は賛同できず、かなり当時の「人種差別」が普通だったアメリカでも、肌の色が白い人達が、色々な意味で当時の黒人音楽に貢献してるのは、ちょっと資料を調べるとすぐわかります。

肌の色の黒いエタ・ジェームス、ビッグ・ママ・ソーントン等をプロデュースしたのは、肌の色の白いジョニー・オーティスですし、プレイヤーとしてもジャズドラマー、ビッグバンドのバンマス、そしてR&Bの生みの親の一人としても(正確に誰がR&Bの生みの親なのかの定義はない)、だいたい歴史的に名前があがる方ですから。

で、ジョニー・オーティスはわりと最近、2012年に90才でお亡くなりになっております。



posted by 麻呂 at 07:22| ブルース R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん