2016年05月28日

1963年のザ・ビーチボーイズの「サーフィンUSA」が流行った頃、未だアメリカでも日本でもザ・ビートルズはレコードすら発売されていなかった









当サイトでも再三触れておりますが、大瀧詠一氏と山下達郎氏の影響でザ・ビーチボーイズは1980年代以降、日本でもレジェンドとして語られるようになりましたし、彼等のアルバム「ペットサウンズ」は最高傑作と評されるようにもなり、我こそはザ・ビーチボーイズファンを名乗る方は「ペットサウンズ」の話しをよくします。

が、これは山下達郎氏も自身のラジオで述べておりましたが、サーフィンホットロッド時代のザ・ビーチボーイズを語らずして「ペットサウンズ」もないわけだし、サーフィンホットロッド時代がザ・ビーチボーイズが世に出た時代ですので、これを無視するのは、実にバカげた話し。

ザ・ビートルズの「サージェントペパー〜」を語り、ソレ以前の所謂「初期」のザ・ビートルズを語らないのと同じぐらいバカげた話し。

こちらの1963年のシングル第3弾!「サーフィンUSA」は、チャック・ベリーの「スウィート・リトル・シックスティーン」を改作、ドゥ・ワップスタイルのコーラスを入れた事が、当時としてはかなり斬新なスタイルで、それまでサーフィンと言えばインストが基本で、ザ・ビーチボーイズも初期はインストのサーフィンをアルバムに収録しておりましたが、歌入りコーラス入りのサーフィンというのは、当時としてはかなり画期的なスタイルだったと言えるわけです。

で、1963年といえばアメリカでは未だザ・ビートルズ旋風は吹き荒れておらず(イギリスでは既に大人気だったが)、勿論!日本でもザ・ビートルズのレコードも発売されていなかった時代。



まあ、1964年のザ・ビートルズのアメリカ大旋風後、アメリカ側で彼等に対抗できるバンドはモータウンのR&Bグループと、こちらのザ・ビーチボーイズぐらいしかいなかったわけで、ザ・ビーチボーイズ、特に楽曲を主に担当してるブライアン・ウィルソンは、かなりのプレッシャーがあったと伝わっており、ザ・ビーチボーイズは1963年のセカンドアルバム「サーフィンUSA」から、1964~65年、アメリカでザ・ビートルズが大旋風を巻き起こしてる僅か3年の間に、9枚のアルバムを発表してます。

クリスマスアルバムやスタジオライブアルバムがあるとはいえ、まるで一時の日本の芸能界のアイドル歌手ばりのアルバム生産数。

ブライアン・ウィルソンはグループでのライブ活動をこの時期から早くも外れ、スタジオに籠もり、メンバーがライブツアーをやってる間に、スタジオミュージッシャンを集め「ザ・ビーチボーイズ」のオリジナルを作り続けたわけで、そのあとに「ペットサウンズ」がくるわけですから、その経由を語らずして「ペットサウンズ」もあったもんじゃない、、、。





posted by 麻呂 at 08:27| サーフロック&ビーチボーイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん