2016年04月16日

日本の50's、オールディーズファンにはリアルも今も印象が薄い、アメリカのリアルタイムのトップアイドルだったサンドラ・ディー





当サイト運営者、映画「アメリカン・グラフィティ」や「グリース」で名前が出てくるので、とても古のアメリカンアイドル、サンドラ・ディーに興味を持っております。

唯、これはサンドラ・ディーに限りませんが、日本人の好む「外人の顔」とアメリカ人好みの顔って、男女とも違うようで、サンドラ・ディーは、リアルタイム当時も昨今の50's好き、オールディーズ好きにも、日本ではあまり人気がないですね。

そもそもサンドラ・ディーが、アメリカで人気者になるきっかけになったそうな1959年の映画「ギジェット」は日本未公開↓。



又、当サイトでも再三ふれておりますが、1960年代初頭にアメリカで流行ったサーフィン映画は、日本では当時、まったくと言っていいほど流行っておらず、又、今でこそ古のアメリカンバンドと評価されてるザ・ビーチボーイズですが、当時の日本ではそれほど人気のあるバンドではなかったですし、日本で「サーフィン」という言葉が一般的に普及するのは1964~65年頃で、それもスポーツのサーフィンではなく音楽、ダンスステップのサーフィン。

又、サンドラ・ディーンの出世作にもなった1959年の映画「避暑地の出来事」も、日本では主題歌の「夏の日の恋」は有名ですが、あまり知られてる映画とは言えず、更にその後サンドラ・ディーは、アイドル人気絶頂時の19才でボビー・ダーリンと結婚&出産。

アメリカではかなり話題だったようですが、あまりリアルタイム当時の日本で話題になった記録も残っておらず、「避暑地の出来事」で競演したトロイ・ドナヒューとともに、1960年代半ばになるとサンドラ・ディーはアメリカでも人気が下降。

結局、1970年代になって、当時無名だったジョージ・ルーカスの出世作「アメリカン・グラフィティ」で、眼鏡のテリー(チャールズ・マーティン・スミス)がデビー(キャンディ・クラーク)を車からナンパする時、コニー・スティーブンスに似てると声をかけ、デビーは自分ではサンドラ・ディーだと思うけどという会話のやりとりで、サンドラ・ディーはアメリカで「名前」が復活、、、

a.jpg



おそらくアメリカ人はサンドラ・ディーという名前に、懐かしさと自分の若い頃、幼い頃を思い出し笑ったシーンだと思いますが、日本人にはコニー・スティーブンスもサンドラ・ディーも、ピンとくる名前ではなかったと言えます(今もかな?)。

まあ、サンドラ・ディーのご主人だったボビー・ダーリンをケヴィン・スペイシーが演じ、サンドラ・ディーをケイト・ボスワースが演じた2004年の映画「ビヨンド the シー 夢見るように歌えば」(Beyond the Sea)も、日本でヒットした形跡がないので、やはりサンドラ・ディーに対する思い入れは、日本人とアメリカ人では、異なるのだと思われますね。



posted by 麻呂 at 15:47| 映画 映画音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん