2016年03月20日

1961年、田代みどりさんがカヴァーし大ヒットした「パイナップル・プリンセス」のオリジナルは、みんな大好きディズニーランドのディズニーと密接な関係にあった曲









当サイトでも再三ほざいてますが、1960年前後の日本のロカビリー、和製ポップス(洋楽メロディに日本語詞をのせたソレ)ブームの頃のレコーディングやステージは、わりとジャズのビッグバンドがつとめており、ジャズ、ラテン、ハワイアンとロカビリー、和製ポップスは密接な関係にあったわけで、こちら1961年当時未だ12〜13才だった田代みどりさんが日本語カヴァーし大ヒットした「パイナップル・プリンセス」も、当サイト運営者にはテレビ「ザ・ヒットパレード」等の歌番組のバック演奏でお馴染み、ビッグバンドのスマイリー・小原とスカイライナーズの演奏。

作詞(訳詞?)は和製ポップスファンにはお馴染み!漣健児氏で、作曲はディズニーの「チキチキ・バンバン」等を手がけたシャーマン兄弟。

一方、「パイナップル・プリンセス」のオリジナルを歌ったアネットも、1955年の正に!R&R(R&B)ブームに火のついた年に、かの!ウォルト・ディズニーに13才時に見いだされた方で、アネットはディズニー発の!R&R(R&B)ブームが生んだティーンアイドルであり、「パイナップル・プリンセス」は1960年のヒット曲ですね。

↓こちらはもっと後の、日本で流行った記憶、記録はない、アメリカではそれなりに人気だったらしい「お気楽」サーフィン、ビーチ映画に出演してたアネットの映像に「パイナップル・プリンセス」を被せたそれみたいですね。







posted by 麻呂 at 10:43| 和製ポップスヒット 原曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん