2015年11月11日

R&R(R&B)ムーブメント真っ盛りの1957年、初来日したかのハリウッドの名優!ジョン・ウェイン主演の唐人お吉映画「黒船」









邦題「黒船」、英語では「The Barbarian and the Geisha」、、、The Barbarianとは、野蛮人、未開人、無教養で野蛮な人。で、アンドで結んで、芸者か、、、。とても日本に好意的だったと伝わるハリスが日本に来た頃は、まだ尊王攘夷論が幕府も武士も強かったからな〜、、、だからBarbarianなのかしらね?。

残念ながら当サイト運営者、外国語に弱いので、これは私的な憶測にて恐縮、、、

で、

R&R(R&B)ムーブメント真っ盛りの1957年、この映画の撮影のため、主演のジョン・ウェインは来日しておりますが、1954年のマリリン・モンローがジョー・ディマジオと新婚旅行での来日に比べ、昨今はあまり語られる事がないですね。

日米関係が昨今、安倍総理の訪米と議会での演説、そして安保法制で「今更」ながら議論される機会が多いですが、こちらジョン・ウェインが演じたタウンゼント・ハリスこそ、初代駐日総領事、駐日本アメリカ合衆国弁理公使で、日米修好通商条約を締結した人。まあ、今の今迄良くも悪くもの日米関係の礎を作った一人と言えるでしょう。

当時の日本は王を尊び、外敵を斥けよう=尊王攘夷派が主流で、幕府もハリスを快く思っておらず、下田1の売れっ子芸者「お吉」を送りこんだのは、今でいうハニートラップだったようですが、まあ、ハリスは生涯独身で、一説では童貞だったと伝わるので、このハニートラップは通じなかったとか。

まあ、日本からは山村聰氏がこちら「ハリウッド映画」に出演しており、この数年前にも日本ロケで作られたハリウッド映画「東京暗黒街・竹の家」(House of Bamboo)には、李香蘭=山口淑子さんや、日本人ハリウッドスター!早川雪舟氏も出演しており、ブギウギで一世を風靡した歌手の笠置シズ子さんが1950年(日本は未だアメリカの占領統治下だった)にアメリカ公演を行ってますから、当時の日本人て現代人が思うより、国際的だったと言えますね。

「お吉」を演じた安藤永子さん、ネットで調べてもこの映画一本しか情報がないのが残念、、、。当サイト運営者、勉強不足につき恐縮(汗)。





posted by 麻呂 at 00:00| 映画 映画音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん