2015年10月28日

2003年の竹内まりやさんのカヴァーアルバムの大ヒットによって、日本で久々に蘇ったスキータ・デイヴィスの「この世の果てまで」(The End of the World)



ネットショップの開業ならカラーミーショップ




好きなバンド、シンガーがカヴァーしてたから、かなり昔の曲を知ってる。そこからそのカヴァーの元のバンド、シンガーが好きになったというパターンは、老若男女問わずよくあると思われますが、こちら「この世の果てまで」(The End of the World) も、竹内まりやさんが自身のルーツとなった、1960年代のアメリカ・イギリス・イタリア・フランスの楽曲をカヴァー、見事!オリコンアルバムチャート1位に輝いた、2003年のアルバム「ロングタイム・フェイヴァリッツ」に収録されていたので、彼女のカヴァーで知った方も多いのではないか?と思われます。

「この世の果てまで」(The End of the World) は、アメリカの女性歌手スキータ・デイヴィスが1963年、全米ビルボード最高位2位を記録した大ヒットナンバーで、日本でも大ヒットした曲でした。

スキータ・デイヴィスは1950年代から活動していたカントリー歌手で、1950年代後半からはギターフリークには高名な名手!チェット・アトキンスがギタリスト&プロデューサーとして彼女と関わっており、日本では「この世の果てまで」(The End of the World) は有名でも、彼女の名前はイマイチ知れ渡ってない感じですが、女性アメリカンカントリーミュージックの世界では「その人あり」の方と言えます。





posted by 麻呂 at 00:00| アメリカンポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん