2015年09月30日

シャネルズは当時、東京や京浜地帯に沢山いた「音楽的な非行少年達」の中の、稀に見る大成功例だった!









アメリカのオールディーズバンド「シャ・ナ・ナ」とドゥ・ワップグループ「ザ・チャンネルズ」からとって名付けられたバンド名だそうな「シャネルズ」は、1975年に結成されたそうですが、まあ、この年、、、。

映画「アメリカン・グラフィティ」が1974年末から日本で上映され、75年の4月にはキャロルの有名な火事になった日比谷野音での解散ライブがあって、それが夏になってTV放映された事で、キャロルは元より、警護役だったバイクチーム、クールスが注目され、そしてクールスの岩城滉一氏が映画デビュー、クールスもレコードデビュー、そしてキャロルを解散した矢沢永吉氏のソロアルバムが出たのが、シャネルズがバンド結成した1975年。

まあ、鈴木雅之氏はじめ当時ティーンエイジャーだったシャネルズのメンバーが「アメリカン・グラフィティ」、キャロル、クールスを無視してたわけがありませんし(笑)、当時は空前のディスコブームが吹き荒れる前夜でしたから、当時の東京の非行少年達だったシャネルズのメンバーが、踊りにいってないわけがなく、また当時、新宿から原宿に進出し「キングコング」「シンガポールナイト」「クリームソーダ」等の50's、R&Rショップ、バーを運営しだしたその山崎眞行氏の経営するお店に、シャネルズのメンバーが遊びにいってなかったわけもないので、彼等のルーツはこのへんのR&R、オールディーズ、そしてR&B、ソウル、ファンク、ディスコのフュージョン(融合)にあったのは、まず間違いないでしょう。





シャネルズは公式デビュー前に、既にコンテストで優秀な成績を収めていたので「その筋」では知られた存在だったようで、かの大瀧詠一氏のアルバムにゲスト参加しており、特に鈴木雅之氏は「禁煙音頭」ではリードボーカルを担当しており、実質、彼のこれがデビューレコーディングだったと言えるでしょう。

さりとて公式デビュー迄は未だ時間はかかり、新宿の「ルイード」でライブ活動を地味に続けていたシャネルズは、一般的には知られていなくても、山下達郎氏はじめ「その筋」の人達には既に有名な存在になっており、山下達郎氏や大瀧詠一氏がそうであったように、シャネルズも「ランナウェイ」は元々はステレオラジカセ(当時はステレオのラジカセは新しかった!)のCMの仕事で、1コーラスだけレコーディングされたナンバーだったそうですが、当サイト運営者もこのCMを観て、初めて聴いた鈴木雅之氏の「声」は、かなり衝撃で印象深いそれだったように、あっ!という間に話題になり、結局、彼等のデビュー曲としてシングルレコード発売され、これにて彼等の人生は大きく変わるわけであります。



顔を黒く塗り歌い踊り演奏するシャネルズは、「ランナウェイ」の曲の良さもありますが、すぐに!お茶の間の人気者になり、子供からお年寄りまでに知られるようになった事で、彼等の影響で!日本では「ドゥ・ワップ」という言葉が、今のように一般的になったと、当サイト運営者は断定しております。

勿論、大瀧詠一氏、山下達郎氏はシャネルズ以前からそれをやっておりましたし、キングトーンズと言った老舗はもっと前からやっておりましたが、山下達郎氏も大瀧詠一氏も80年代になって商業的に成功した方ですので、コアでマニアックなそれ以前からのファンや音楽業界の方々は別にして、一般的にはシャネルズより後に知られるようになったので、やはりシャネルズの功績を抜きにして、日本で「ドゥ・ワップ」を語るのは、間違ってると当サイト運営者は思っております。







posted by 麻呂 at 00:00| 和製R&Rリバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん