2018年02月10日

ヒット曲なしで、世界で最も有名なバンド「 クオリーメン」と、世界で最も有名なドラマー「ピート・ベスト」









ヒット曲が1曲もないのに、世界で1番有名なバンドは「クオリーメン」でしょうねー。

ジョン・レノンが初めて組んだバンド。ポール・マッカートニーが、ジョン・レノンの歌と演奏にはじめて接したバンド。それが「クオリーメン」で、ちょっとしたザ・ビートルズファンなら、世界中の誰もが知ってるわけです。

1957年、イギリスのリヴァプールでジョン・レノン等が「クオリーメン」を結成した頃、ジャズ、カントリー系列からの、手作りの楽器やバンジョーを手にした音楽=スキッフルが人気だったようで、「クオリーメン」も当時の写真をみて、その楽器編成からスキッフルバンドだったと思えますね。

結局、ポール・マッカートニーとジョン・レノンの出会いによって、また、当時のアメリカの空前のR&Rブームによって、「クオリーメン」はスキッフルバンドではなくなっていったようで、R&Rに似合わない楽器担当者達は、自然に抜けていったようで、まあ、当時彼等が、ジョンとポールが、あの!ザ・ビートルズになるなんて思ってないですから、普通に自然に、仲間割れとかしたわけではなく、そうなったようですね。

まあ、何にしても1997年に当時の「クオリーメン」のメンバーが集まり再結成され、現在も世界中に「呼ばれて」活躍してるって、凄いですねー!。

こちらは「クオリーメン」のメンバーより、もっと切実。ザ・ビートルズ公式デビュー前に解雇されたピート・ベストも、1988年に自身のバンドを立ち上げ、こちらも世界中で「呼ばれて」今も活躍してるのも↓、凄いですねー!!

「クオリーメン」がヒット曲0でも、世界で有名なバンドなのと同じく、ヒット曲0で世界で最も有名なドラマーなのも、ピート・ベストで間違いないですねー。ザ・ビートルズおそるべし!!






posted by 麻呂 at 09:55| 公式デビュー前ザ・ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

江利チエミさんのカヴァー「家においでよ」の大ヒットで有名な元歌は、ジョージ・クルーニーの叔母様、ローズマリー・クルーニーの「Come On-a My House」









当時15才だった江利チエミさんが、彼女の生涯の代表曲だった「テネシー・ワルツ」とカップリングで1952年に発表した邦題「家においでよ」の大ヒットで、日本でも広くしられた「Come On-a My House」。

この曲は第二次世界大戦以前に作られた曲なようですが、1951年に全米チャート1位に輝く最初の大ヒットをさせたのが、日本でもこちらも人気のジョージ・クルーニーの叔母様、ローズマリー・クルーニーのヴァージョン↑。

さて1951年と言えば、日本は大東亜戦争敗戦後アメリカの占領下から、かりそめにも再独立が認められる条約、「サンフランシスコ講話条約」が締結された年。

「テネシー・ワルツ」だけではなく、1960年代の和製ポップス(洋楽を日本語で唄うそれ)ブームの頃は、オリジナルよりも日本語で唄われた楽曲、歌手の方が有名で、あんまり当時の日本人は、元のオリジナルの洋楽には興味がなかったみたいですね。

だから、、、

江利チエミさんの「家においでよ」は日本では有名でしたし、2017年現在、60代半ばから70代の方は、だいたいこの曲は聴き覚えはあると思われますが、当時全米1位を獲得した、ローズマリー・クルーニーの「Come On-a My House」を知ってるお年寄りは、かなり少ないと思われます。

また、もっと若い世代でも人気俳優のジョージ・クルーニーは知ってても、その叔母様のローズマリー・クルーニーは、全く知らなかったりするわけですが、江利チエミさんに限らず、当時の日本の歌謡歌手の方=ジャズ歌手の方は、かーなりこちら「Come On-a My House」、ながーい間レパートリーにしておりましたので、ローズマリー・クルーニーが戦後日本の歌謡史に、結果として影響を与えたと言えるわけであります。




posted by 麻呂 at 17:05| 和製ポップスヒット 原曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

かまやつひろし氏他界 1970年、ザ・スパイダースが最後に発表したアルバム名は「ロックンロール・ルネッサンス」。









元ザ・スパイダースのかまやつひろし氏がお亡くなりになりました。享年78才、心よりご冥福をお祈りいたします。

グループサウンズブームが急速に終焉し、ザ・スパイダースも解散する事になった1970年。ザ・スパイダースが最後に発表したアルバム名は「ロックンロール・ルネッサンス」。

今やオールディーズ、R&R、50'ファンには定番となってる「 ロック・アラウンド・ザ・クロック」や、チャック・ベリーの「キャロル~ロール・オーヴァー・ベートーベン」、リトル・リチャード、エルヴィス・プレスリー等のカヴァーを中心にしたアルバムで、キャロルがファーストアルバムのB面でR&Rのカヴァーを集め発表したのが1973年の春でしたから、それより3年前に、こんなアルバムを最後に解散したザ・スパイダース、今更ながら、オールディーズ、R&R、50'ファンは再評価した方が良いでしょうね〜。

リアルタイム、グループサウンズブームの終焉の仕方は異常とも思えるソレだったので、このザ・スパイダースのラストアルバム、知ってる方殆どいないですから(汗)。

ちなみにグループサウンズブーム期のザ・スパイダースのシングル「黒ゆりの詩」のB面にも、「ロックンロール・ボーイ」という素晴らしい和製オリジナルロックンロールナンバーが収録されており、「バンバン」や「フリフリ」は、わりと有名ですが、こちら「ロックンロール・ボーイ」は御本人達も解散後、歌番組で歌う事がないので、認知度の低い曲ですが、和製オリジナルロックンロールの名曲です。




posted by 麻呂 at 09:12| 和製R&Rリバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ぴかぴか(新しい)こちらもおススメでするんるん